Nakayoshi Hot Old's Association.

NHOM9の開催内容へジャンプ

昭和の旧車が好き

昭和に誕生した日本車(4輪車)に魅せられて、同じような想いを抱くメンバーで集まってみました。

時間とお金と相談

フツウの生活を送る中での『旧車アソビ』ですので、時間とお金の許す範囲でゆる~く活動しております。

2年に1度くらいは

元々は毎年だった旧車ミーティングイベントですが、2年に1度くらいは!?っと継続して開催しております。


Nakayoshi Hot Old's Association


●発足について
大半のメンバーがまだ20代だった頃、静岡県菊川市界隈の旧車好きが自然発生的に集まって活動し始めたのがきっかけでした。パーツの情報を交換したり、修理方法やカスタムのやり方なんかを熱く語ったり、つるんでツーリング的な事も幾度となくやったものです。冗談交じりで某国のDレース団体の頭文字に似せて作った"集まり"が、こんな風に発展した事については、ホントに嬉しい誤算だと痛感しております。

●活動内容は?
元々が"ノリで始まったアツマリ"だったので、現在も会規だとか定例会だとかいった硬い物はなく、ユル~い雰囲気で 強~く繋がっていて、気が向いた時にスケジュールの合うメンバーで簡単な催しをしたりしております。
但し、イベントの半年位前からは休日をかなり返上して準備に当たっており、この時期の準備活動こそがNHOAの存在意義のような一種錯覚に当事者達は陥っております。(あながち間違ってもないかと・・・(苦笑))

Face Book Pageをみる!FBページをみる ブログをみる ブログをみる

WE'RE ALL NAKAYOSHI


とにかくこの『ナカヨシ』というフレーズを大切にしながら、
これからもユル~く続けていきたい!と考えております。



NAKAYOSHI HOT OLD'S MEET



『ナカヨシ・ホット・オールズ・ミート』(我々が企画している旧車ミーティングイベントの呼称)

●イベントに関して
近県の、関東~東海~関西の、否 全国の旧車好きと交流するにあたり、出向いてばかりでも芸がない・・・、いや待てよっ!! 地の利なんて要素を考慮したら、地元でイベントを開催しちゃった方が自分達好みの内容で 偏りなく(ココ表現が難しいです)実現できちゃうんじゃないけ~!? 元々はそんな軽い気持ちではじめたミーティングイベントだったのですが、思えば大きく育ってくれたものです。

当初は毎年1回開催しておりましたが、規模拡大への負担増や構成員wの公私共の時間不足、コンセプトや価格を悪戯に変えたくないという思い 等から、現在は2年に1度の開催とさせてもらってます。

 

The 9th NHOM, May 24th 2015


Flyer: Nakayoshi Hot Old's Meet 2015

10年以上も ”NHOM”を開催しておりますと、他で企画してるイベントは勿論、部品交換会やフリマなんかに顔を出させてもらいますと、面が割れているらしく色んな方々に声をかけて頂きます。
その中で一番多いのが「NHOM 楽しかったんで、又開催してくださいね!」っていう感じの有難い言葉なんですけど、その『楽しかった』って一言がホントーに嬉しいんです。
何故にそんなに嬉しいのか? というのには色々とありましてですね・・・、
・会場がデカイ ・エントリーも多い ・お客さんも多い という紛れもない現実のおかげで、
・当日の天気は? ・お客さんは楽しめる内容か? ・スワップの売り上げは期待できる? などの嬉しい気苦労からはじまって、
・会場の手配やレイアウト(図面~線引き等) ・安全面への徹底した配慮 ・タイムスケジュールの検討 ・スタッフの配置 ・音響やウィング車に弁当屋の手続き ・会場や備品の準備と設置 ・ゲスト対応 ・フライヤーはじめ 各媒体への告知や連絡 ・ホームページの更新 と言い出したら事前準備はキリがなくて~・・・。
自分達NHOAは『地方のアマチュアクラブ』ですんで、それら膨大な作業全てを身内で手分けしてヤル訳なんですが、そもそも工数的にはドキビしいってのに、10年以上継続しているってことでスタッフも高齢化w(子供も増え)しちゃって、身体も時間もマジメにキツイんです。
といった感じで踏ん張ってるところに『楽しかった & 楽しみにしてます』って言葉を聞いちゃうってぇと、これがメチャ嬉しくて、また頑張れちゃうってな構図なんですよ。

っということで!? 今年も5月24日(日)に開催します。(開催準備を鋭意勉めて参ります)

さて、今年は(正確には2014年でした)日本経済を支え1930年代から続いた日本の自動車メーカーのピックアップトラックの国内製造正規販売が終了して丁度10年(ハイラック スが最終)となります。
そこで今回は、日本メーカーのミニトラック(ピックアップトラック)をスペシャルフューチャーカーとして取り上げてみる事にしました。ミニトラックオーナーの方、関心のある皆さん、是非盛り上げて下さいませ~。

「それでは みんなのイベント(NHOM)継続させるために、エントリー/ミニトラック/フリマ/ビジター、それぞれの立場の『参加要綱と注意点』を必ず一度お読みくださいませ。」

『参加要綱と注意点』 (各々、PDFファイルが開きます↓)
①エントリーの方 ②ミニトラックエントリーの方 ③フリマ参加の方 ③ビジターの方

公け向けの説明がコチラにありますが、ご来場をお考えの方は、必ず上記リンクのPDF文書をご確認ください。

with PURE PASSION


私達のイベントは基本的に "手作り" とか "持ち寄り" で成り立っております。
例えばアワードトロフィーも、数人のメンバーが心血注いで作った手製です。


NAKAYOSHI KEY MEMBERS






KENJI

愛車:510ブルーバードとランクル60
旧車趣味に入ったのは時間だけはある金欠学生時代。(笑) 同級生らと峠に走りに行きたくて たまたま出会ったのが510。 当時は部品調達も仲間や解体屋で格安カスタムができたし、何より車体価格は1万5千円! 今思えば旧車趣味には良い時代でしたね。 地元に戻ってもブルーバードのおかげで やっぱりそんな仲間ができて、結局学生時代からやること変わらず現在に至ります。 趣味の範囲を超えないですが、イベント開催はもちろん本気です! 打ち上げの旨いBEERと好きな車達への恩返し。なにより参加者みんなと仲間に笑顔になってもらうため。。。


KAZUMICHI

愛車:黄色いチャリ
高校からの同級生K君が310サニー(丸目)を格安で手に入れた!キャブ組んでマフラー替えてシャコタンにして…。どんどんカッコよくなっていく!俺もあんなおもちゃ欲しい (^-^)そう思って探したハコスカを手にいれてから、旧車趣味の泥沼にはまり現在に至るアラフォー男です!


Please Contact Us

イベントに関する内容など、お聞きになりたい事がありましたら、Eメールでお願いします。
<何とか数日内にお返事いたします>

Contact Us



Fun to Slow Life


「イベントに来た方々にも ゆったりと過ごしていただきたい」とスタッフ一同考えております。



NHOM EVENT REPORTS




8th NHOM Report
7th NHOM Report
Take a Look
6th NHOM Report
Take a Look
5th NHOM Report
Take a Look


As Time Goes By


時が経つにつれて、変わる? 変わらない? があるわけですよ。クルマも人間も・・・



Please Check New Information





NHOA Official Blog

Since 2007.

イベント前後だけは濃密なブログですw

イベント前後は、メンバー交代制(当番制)で次々に書くようにしておりますので、是非ともチェックしてやってください。特に直前はかなりの密度で書かせてもらってます。w

終了後はおぢさん達の電池も切れ、更新頻度が下がっていきますが、何卒 長い目で見守ってあげてくださいませ。

ブログをみる ナカヨシ ブログをみる

Face Book Pageをみる! FBページをみる


Link Sites

Our Neighbors etc.

厳選リンク集

On The Road Magazine - Web
あのGAOさんが手掛けるフリーペーパーのサイト

Cruisin'
アメリカ的クルマ文化を楽しむ雑誌 Cruisin'

Maki's Hands
日本を代表するハーモニカ奏者『山口牧』さん



Copyright 2015, Nakayoshi Hot Old's Association All Rights Reserved.
Created by BlackTie.co - Copyright 2014